J1サッカー選手約100名が賛同!途上国の学校給食を支援する「SPOON FOUNDATION」が本格始動 ~ウェブサイトでチャリティ商品やオリジナルグッズを販売開始~

特定非営利活動法人SPOON FOUNDATION(所在地:東京都新宿区、代表理事:吉川 元偉[前国連大使])は、2017年12月5日(火)に、公式ウェブサイト( https://spoon.gives )の全面リニューアルを行いました。

SPOON FOUNDATIONとは

非営利活動法人SPOON FOUNDATION(スプーンファウンデーション)は2017年4月にプロサッカー選手が中心となり発足した、アスリートの想いを支援というカタチにするNPO団体です。貧困や飢えに苦しむ子どもたちの暮らしを守り、健やかな成長や教育普及、さらに国や地域の発展を目指した活動をしています。

この度、2017年4月に日本記者クラブ主催で行われた発足記者会見にあわせて公開した公式ウェブサイトを、団体の情報や活動をより分かりやすく伝えるウェブサイトへ全面リニューアルしました。また、寄付だけでなくチャリティ商品やオリジナル商品をご購入頂ける機能を追加し、より多くの方に支援して頂けるサービスを目指してまいります。

「SPOON学校給食支援プログラム」がいよいよ本格始動!

公式ウェブサイトのリニューアルとともに、プロサッカー選手が中心となりバングラデシュの子どもたちに栄養価の高い給食を提供する「SPOON学校給食支援プログラム」が本格始動します。
SPOON FOUNDATIONの活動に賛同した選手たちは「社会貢献活動をきっかけに、子どもたちがプロサッカー選手を目指してくれたら…」と考えました。ですが、途上国の子どもたちはサッカーをする環境がないどころか、学校に通うことすらできず、さらに一日に一度の食事も満足に食べることができない状況です。そこでSPOONは学校に通いたっぷりの栄養を摂ることで健全に成長できるよう、学校給食というカタチで子どもたちを支援しようと考えました。

[ バングラデシュの現状 ]

「SPOON学校給食支援プログラム」の支援先のバングラデシュは、深刻な食糧不安と飢餓の問題を抱えています。地理的特徴により自然災害や気候変動の影響を受けやすく、近年ではミャンマーからの難民受け入れなど、様々な貧困に直面しています。バングラデシュ政府や国際支援団体が対策を講じていますが、それでもなお、2000万人の小学生のうち推定330万人の子どもが学校に通うことができない現状があります。

※アメリカ合衆国国土安全保障省2014年発表 調査

SPOON FOUNDATIONアスリートアンバサダー一覧(50音順)

団体発足に関わったアスリートだけでなく、SPOONの子どもたちの未来を守るという趣旨を広く訴え、支援を呼びかけるために積極的に協力してくれる選手を「アスリートアンバサダー」として任命しました。

【アスリートアンバサダー(50音順)】

  • 青山 敏弘 [ サンフレッチェ広島 ]
  • 宇賀神 友弥 [ 浦和レッズ ]
  • 遠藤 航 [ 浦和レッズ ]
  • 大谷 秀和 [ 柏レイソル ]
  • 柏木 陽介 [ 浦和レッズ ]
  • 加藤 順大
  • 高橋 秀人 [ ヴィッセル神戸 ]
  • 田中 達也 [ アルビレックス新潟 ]
  • 鄭 大世 [ 清水エスパルス ]
  • 都倉 賢 [ コンサドーレ札幌 ]
  • 豊田 陽平 [ サガン鳥栖 ]
  • 中村 航輔 [ 柏レイソル ]
  • 宮崎 智彦 [ ジュビロ磐田 ]
  • 李 忠成 [ 浦和レッズ ]
  • 渡邉 千真 [ ヴィッセル神戸 ]

組織概要

団体名:特定非営利活動法人SPOON FOUNDATION
所在地:東京都新宿区荒木町21-1-16F
代表者:代表理事 吉川元偉(前国連大使)
設 立:2017年6月27日
U R L:https://spoon.gives

プレスリリースに関するお問合せ

電 話:03-5919-3318
メール:「お問い合わせ」ページからご連絡ください